本文へスキップ

子犬販売、ブリーダー直販にこだわる福岡「パピークラブ」

電話は092-753-7322/090-7165-5937

メールでのお問い合わせはこちら

子犬販売パピークラブ> ドッグショー・血統

犬の血統? チャンピオン?

子犬を購入したい! ワンちゃんを飼いたい!と思って探しだすと『CH』とか『良血統』という説明を見かけます。
  『タイトル』、『ショーブリーダー』や『ブリーダー』、『繁殖者』・・・どれほど重要で、その価値はどうなのか?

  ドッグショーやチャンピオン(CH)について解説します。


  
ショーブリーダーは、このドッグショーへ出陣するために全国を飛び回り評価を受けています。
  代々のスタンダードを守る為、費やした努力、時間、経費は計りしれません。

  血統なんて・・・CHなんて必要ではない・・・ 可愛くて健康であればいい・・
  それを証明する一つの証しとして参考にしてください。
  血統が良ければ、全てがベストであるとは限りませんが、一定のレベルはクリアしていると言えます。

  良血統の犬であれば当然、販売価格や交配料にも影響します。
  ただ子犬購入時に於いては明確な定価はありませんので、信頼できる販売者から購入されることをお勧めします。

  もちろん、ドッグショーに興味をお持ちの方、我が家のワンちゃんがCH!も夢ではありません。


 ドッグショーの種類

犬の姿形を審査する「品評会」をドッグショーと言い、犬種毎の理想にもっとも近い犬を評価する目的で行われます。
犬種ごとの理想像を「犬種標準( スタンダード)」といい、ドッグショーでは審査の基準となります。
犬種標準とは、その犬種の特徴・体形・性格・被毛・毛色などを保存するために定めたもので、繁殖指針として優良な犬を保存していく上で重要なものとなっています。
ドッグショーは、犬を評価すると共に、その犬のブリーダーに対しても、その繁殖の正しさを評価・賞賛する意味があります。

世界では、イギリスのクラフト展、アメリカのウェストミンスター展が大変有名です。

日本では、JKCおよび傘下のクラブが開催するものを含めて、1年間に300回以上全国各地で開催されていますが、中でも、「FCIアジアインターナショナルドッグショー」は、アジア地域最大のドッグショーとして定着しています。

 【主催母体による分類】

  ● FCIアジアインターナショナルドッグショー
       (JKC本部が主催するもので、アジア最大規模)
       ※FCI=国際蓄犬連盟

  ● FCIインターナショナルドッグショー
       (各ブロック協議会(全国14ブロック地区)が主催する)

  ● クラブ連合会展覧会

       (各都道府県のクラブが合同で開催する)
       ※全国67連合会、各連合会は3年に1回開催の義務あり

  ● 犬種部会展覧会
       (単犬種、犬種群クラブが合同で主催する)
       ※犬種部会のある犬種
          ダックス、ポメラニアン、シェットランドシープドッグ
          コーギー、プードル、ボクサー、マルチーズ
          アメリカン・コッカースパニエル、シベリアンハスキー、秋田犬

  
  ● クラブ展覧会
      (単犬種、犬種群、全犬種のクラブが開催するもの)
  



 【対象犬種による分類】

  ● 全犬種展覧会(オールブリード・ショー)
      (全ての犬種)

  ● 犬種群展覧会(グループ・ショー)
      (1犬種群のみ)

  ● 単犬種展覧会(スペシャリティー・ショー)
      (1犬種のみ)


 【月齢別クラス】  

ベビー・クラス  生後満4ヶ月1日以上 6ケ月未満
パピー・クラス 生後満6ヶ月1日以上 9ケ月未満
ジュニア・クラス 生後満9ヶ月1日以上 15ヶ月未満
ヤングアダルト・クラス 生後満15ヶ月1日以上 24ヶ月未満
アダルト・クラス 生後満24ヶ月1日以上
チャンピオン・クラス 生後満9ヶ月以上
チャンピオンの資格をもっている犬


 ドッグショーの審査はトーナメント式

1 個体審査 視審、触審によって、頭部表現、歯、骨格、体型、毛並み、バランスやその犬種の特徴が出ているか等を審査
2 歩様審査 個体審査で得たその犬のすべてを確認するために行い、犬をコントロールするハンドラーが犬の良さを最大限に引き出します
クラス一席 月齢別クラスのなかでNo,1
ウィナー

チャンピオンクラスを除いた、各クラスでの一席犬(ジュニア・ ヤングアダルト・アダルトクラス)のなかから更に一席(ウィナー)を決定

※オスを「ウィナー・ドッグ」、メスを「ウィナー・ビッチ」と呼ぶ
単独システム(出陣40頭以上)の場合、次席犬に「リザーブ・ウィナー」、 選にもれた各クラス一席犬には「エクセレント」の賞位が与えられるが、クラス出陳が1頭の場合は、「エクセレント」の賞位は与えられない。
3 BOB
(Best Of Breed)
同じ犬種のオス/メスそれぞれから、その犬種のNo.1を決定
4 BIG
(Best In Group)
同じグループ〈GROUP〉に属する各犬種のBOBの中から、オス/メスそれぞれのNo.1を決定
5 KING/GUEEN 全部で10のグループのBIGの中から、オスキング〈KING〉/メスクイーン〈QUEEN〉それぞれのNo.1が決定
6 BIS
(Best In Show)
最後まで勝ち残ったキングとクイーンの間で最終審査が行われ、BIS、その日のショーのNo.1を最後に決定



JKC CH
(チャンピオン)

CHになるためには、2人以上の異なる審査員から 3枚の “CCカード”(CHALLENGE CERTICATE)と、1枚の “MCCカード”MAJOR CHALLENGE CERTICATE)を取得しなければなりません。
又は“MCCカード”が4枚でもCH完成。


※CCカード(CHALLENGE CERTICATE)は、クラブ展で3頭以上の出陳犬があった場合に、「ウィナー」に付与される。

※MCCカード”(MAJOR CHALLENGE CERTICATE)は、犬種部会展・クラブ連合会展・FCI展などのショーで3頭以上の出陳犬があった場合に、「ウィナー」に付与される。

※単独システム採用の場合は、クラスで3頭以上の出陳犬があった場合に、クラス一席(エクセレント)に付与されます。 だだし、クラス出陳が1頭又は2頭であっても、「ウィナー,リザーブ・ウィナー」に選出された場合には、CCカードが付与される。

INT CH
(インターナショナル・ビューティー・チャンピオン)

FCIインターナショナルドッグショーで、BOBを受賞した犬に対し、FCI “C.A.C.I.B.(キャシブ)カードが付与される。
キャシブカードを4枚(1年と1日以上の間が必要)獲得した栄光

子犬販売パピークラブ> ドッグショー・血統
TOP子犬出産情報ご購入の流れ子犬のお探し・相談サイトマップ