本文へスキップ

子犬販売、ブリーダー直販にこだわる福岡「パピークラブ」

電話は092-753-7322/090-7165-5937

メールでのお問い合わせはこちら

犬のしつけ-01>  犬のしつけ-02>  犬のしつけ-03>  犬のしつけ-04>  犬のしつけ-05> 
犬のしつけ-06>  犬のしつけ-07>  犬のしつけ-08>  犬のしつけ-09>  犬のしつけ-10

子犬のしつけ 〜問題行動 犬の噛みぐせ


 犬の甘噛み  原因

・ 子犬の甘噛み                                                
・ 恐怖、攻撃

以上2点は、子犬の社会化期不足です。
時間はかかりますが、遠回りでも社会化の学習から行い基本を修正します。

・ 興奮
・ ストレス

環境、しつけが要因です。
我慢ばかりさせている、リーダーコントロールができず興奮させる遊び方をしている。



 犬の甘噛み  対処法

手指を噛もうとした瞬間に、制止コマンド。
同時に手指は、引いたり隠したり、グーをしたりして噛ませないこと。
代わりのおもちゃを与える。
口元に近づけても噛まない、噛もうとしたら前記の繰返し。
噛まなかったら褒める。
きゃーきゃー言うと<遊んでいる>と理解するので、勘違いさせない表情、態度で接することです。

家族全員が同じ態度で、毎回繰返し行います。


恐怖、攻撃は、その原因であるモノに慣れること。
犬や来客時に噛むのであれば、社会化不足であり、ゼロから犬や人に慣れるトレーニングから行いましょう。


興奮の場合は、コントロール不足です。
リーダーとして認められているか? コマンドを出し落ち着かせましょう。


ストレスは、お散歩不足、運動不足などライフスタイルを見直しましょう。
叱ったり、コマンドだけでは逆効果です。
お留守番が長い家庭は、在宅中の短時間に密度の濃いコミュニケーションが必要です。家事をしながらでも相手できるように工夫したり、言葉、表情、おもちゃなど上手く利用します。
服従関係ができているか? 安心させ心身共に満足を与えてあげましょう。


<噛む=嫌なことが起こる>ことを関連して覚えさせます。
叱る、マズルコントロール、リードコントロール、天罰方式など。





子犬販売パピークラブ> 犬のしつけ-01> 犬のしつけ-08
TOP子犬出産情報ご購入の流れ子犬のお探し・相談サイトマップ