本文へスキップ

子犬販売、ブリーダー直販にこだわる福岡「パピークラブ」

電話は092-753-7322/090-7165-5937

メールでのお問い合わせはこちら

犬のしつけ-01>  犬のしつけ-02>  犬のしつけ-03>  犬のしつけ-04>  犬のしつけ-05> 
犬のしつけ-06>  犬のしつけ-07>  犬のしつけ-08>  犬のしつけ-09>  犬のしつけ-10

子犬のしつけ 〜叱るタイミング


 叱るタイミング

ワンちゃんのしつけには、タイミングが重要ですね。
さっき・・のことを言われても、何のことやら分かりません。

褒めるも、叱るも、ご褒美も、タイミング。
しつけ上手は、タイミングがぴったりあってる飼い主さんです。


瞬間、その時しか効果なし!
人間の3歳児ほどの知能があるとされる一方で、短期記憶は1、2秒だけ。

いたずらをして、3秒後に叱っても意味が分かりません。
拾い食いをして、3秒後、お座りしてるときに叱られたら・・・お座りがイケナイ事だと理解します。

いたずらにイラっときて、5分もグチグチ・・・愛犬は、何の事だかちんぷんかんぷん。飼い主さんの怖い顔、嫌な感情だけが伝わり、しつけ効果はゼロです。嫌われかねません。

褒める時も同様です。
ご褒美も同様、褒めると同時に与えないと意味がありません。


もし、タイミングを逃したら、叱らず無視して、次のチャンスを待ちましょう。




 
一貫性を持つこと!

叱るも褒めるも、一貫性が重要です。
時々叱る、家族によって対処がバラバラ、などは間違い。

同じことをして叱られたり、多めに見て許されたり、家族によって態度が違ったりでは、犬は混乱するだけです。

イケナイことは絶対NG、良いことは毎回褒めるなどワンちゃんにとって分かりやすい態度をとりましょう。

毎回、誰でも、同じ対処の「一貫性」がポイントです。






子犬販売パピークラブ> 犬のしつけ-01> 犬のしつけ-10
TOP子犬出産情報ご購入の流れ子犬のお探し・相談サイトマップ