本文へスキップ

子犬販売ブリーダー直販なら福岡『パピークラブ』

電話でのお問い合わせは092-753-7522

メールでのお問い合わせはこちら

子犬販売パピークラブ> 犬の食事とアレルギー

犬の食事とアレルギー

犬の食事と日常

 子犬の食事、一般的な食べさせ方
こでは一般的な食べさせ方を記載してあります。
お湯で
15分ぐらいふやかしてから、つぶして、かき混ぜて食べさす。
量は最初に食べた量(最初は多目に与える)を基準に徐々に増やして行くき、逆にお湯の量は減らし気味にし、
生後90日以降(歯が生えてきた頃)は完全ドライに切り替える。
仔犬の頭半分が、ふやかし状態で1日に与える量です。この判断は難しいですから最初にどれほど食べるか余らす程度に与えて目安を覚えてください

1日の回数は2回〜3回
 (1日の食べる量が決まっているので、それを何回かに分けて与えると言うことです。子犬の内は、できたら3回の方がベター)。
・夏場はいつまでも置いておくと悪くなるので注意。

・水は新鮮な水道水を与える。(ミネラルウォーターは尿結石を引き起こしやすい)
・犬用粉ミルクをスプーン一杯程度、たまに混ぜて与えても構いません。
 これは、サプリメント代わりの意味もありますので食べ具合の悪い時に、混ぜて与えてください。
・牛乳は絶対に与えないでください。
・生後90日目で完全ドライに切り替えると言う事は、歯の生え方で異なります。一般的な目安であり、パリパリ食べるならふやかす必要はありません。
・食べが悪い時は、肉缶詰を臭い付け程度混ぜたり、鳥のササミなどをボイルしてドライフードに混ぜて与えて下さい。
・フードを変える場合は、最初に今のフードを多目、新フードを少な目にし、徐々にその割合を変えて、新フードに切替えます。

 フード
犬は、人に比べタンパク質やカルシウムを多量に必要とし、塩分や野菜はわずかしか必要ありません。市販のフードを選ぶ際は「総合栄養食」なら、それのみで必要栄養素を補えます。
手作りフードの場合、犬に必要な栄養素をバランスよく与えることは困難なので、専用フードと併用する方が無難です。

日本製より欧米製
ドッグフードについては、日本より基準が厳しい欧米製がお勧めです。
量販店では、格安のフードもたくさんありますが、基準が甘い国では、添加物の違いや人間食に使用できない肉の部分や、不向きな材料で出来ているものが少なくありません。
近年は、「食の安全性」の面から人と同等の食材で作られたもの、アレルギー対策のものなど種類も豊富です。
経済面もありますが、飼い主の考え方、犬の体質も考慮し検討してください。

ドッグフードについて、もっと詳しく >



犬のアトピー・アレルギー

 原因と症状
症状は皮膚の薄いところに出やすく、アトピーはアレルギーの一種です。
赤くなったり発疹が出て、痒がったり舐めたりします。
発症年齢は3歳未満が7割ほどを占めます。
また幼犬で症状が出た場合も、季節的なものもあるため、アトピー体質を断定するには半年前後の経過を確認する必要があります。

犬は生まれつき皮膚が弱いため、ダニやカビなどのアレルゲンが体内に侵入しやすく、アレルギー反応を引き起こす原因になっています。


食物性アレルギー
   その犬にアレルゲンとなる食物がある場合、それを食べることにより引き起こされます。
ノミアレルギー
   ノミが皮膚に寄生して引き起こされる
アトピー性皮膚炎
   皮膚病には数種類がありますが、その中で原因を特定できない「不明」とされるのがアトピーです。

 専門医の診察を受けましょう
食物性は、完治または軽減できます。
ノミやダニは完治できます。
アトピーは完治しませんが、根気よく付き合い軽減しましょう。
獣医師の指示に従い、薬はよく相談してから。
人のアトピー同様、薬に頼り過ぎるのも長期になることを考えると不安です、体質改善、免疫強化を合わせて心掛けてください。

※血液検査によるアレルゲンの特定について(食物アレルギーを疑う場合)
病院では、2万円ほどで何に対してアレルギーなのかが分かる血液検査が行えます。
しかし獣医師によると、陽性反応が出やすく高額なわりには正確ではないそうです。
10数種類もの陽性が出て、食べさせるものが激減してしまうことも多く、飼い主としては判断に迷うところです。正確に知るためには、病院の指示食(一般のフードやおやつは禁止)に切り替え、犬の体を一度リセットした後、一品づつ食品を加え、何に対するアレルギーなのか特定すべきとのことです。
また、体質は変化するので適正な対処をするためには、獣医師と相談しながら、数年ごとに検査することも検討します。

初めて血液検査を希望する場合は、めやす、参考とした方が良いようです。


 日常から気を付けること
・室内を清潔に
・シャンプーする
・低アレルゲンフードを主食にする
 
※一般フードを与えていた場合、低アレルゲンフードに変えてみてください。又は、タンパク質の主原料が違うフードへ変更してみる。食物性アレルギーの場合は、わずか数ヶ月で改善できたり、かゆみが軽減する場合も多いようです。
・おやつも低アレルゲンを選び、食材を加工して形成されたものは与えない(加工の工程での添加物が多いため)



犬に与えてはダメな食品

玉ねぎ、ネギ類、にら、牛乳、鶏の骨、魚の骨、生の魚介類
卵、アルコール、甘いもの、塩辛いもの、香辛料がかかったものなど
ぶどう(フレッシュ・ドライ)
チョコレート



子犬販売パピークラブ> 犬の食事とアレルギー
TOP子犬出産情報ご購入の流れ子犬のお探し・相談サイトマップ