本文へスキップ

子犬販売ブリーダー直販なら福岡『パピークラブ』

電話でのお問い合わせは092-753-7522

メールでのお問い合わせはこちら

子犬販売パピークラブ> 犬の多頭飼いの注意点 

犬の多頭飼いの注意点

後輩犬の選び方・迎え方

子犬を飼って暮らしてみると、多頭飼いへの興味も出てきます

・少し落ち着いたので、もう1頭欲しい
・違うタイプの犬を飼ってみたい
・同犬種を多頭飼いしたい
・お友達犬が欲しい
・お留守番が長いので寂しそう

・子供を産ませたい 
   
はじめての子犬選びとは違うポイントがあります! 感染症予防は大丈夫?  
 

現在、飼っている犬が成犬の場合
 新たに迎える子犬は生後3ヶ月以上=2回目のワクチン接種が終了している子犬にしましょう。
 生後まもなく予約した子犬の場合は、2回目ワクチン接種までブリーダーに預かってもらいましょう

 
【100日対応】というシステムもありますが、有料の場合も多いので予約前に確認が必要です。

迎えるご自宅の環境や、消毒剤で衛生面に配慮することで、全てに該当するわけではありません。
先住犬がいることを相談し、新しい犬を迎えましょう。

 

犬の性格を見てから選ぼう!と考えがちですが、本来、犬は群れで暮らす動物です。
家庭内でも2頭、3頭と増えると自然に順位がつき、犬同士のルールの中で上手く付き合うものです。
犬の性格は、犬種の特徴よりも家庭環境、しつけによって、その大部分が形成されていきます。
飼い主が@番、先輩犬がA番、後輩犬が最下位と認識させ、我が家のルールを教えてあげましょう。
後輩犬が1歳未満の子犬であれば、馴染まないことはまずありませんが、シニア犬で気性の激しい犬の場合や、後輩犬が年上の場合には、注意が必要です。


2頭目が子犬なら、犬種、大きさ、性別など不問です。

現在、飼っている犬が子犬の場合
ワクチン完了前なら、一緒に育てて問題ありません。
ワクチン完了後、お散歩デビュー後なら、上記の成犬の場合と同様です。
しかし、フードは1才まで同じものでよいので統一できます。
また、遊び方も同等なのですぐに仲良くなると思われます。


特に甘やかし、社会性を身に付けていない先住犬の場合は、犬と仲良くできなかったり、攻撃したり、逆に委縮したりと良好な関係は築けません。先住犬の教育からやり直しましょう。

一方で、健全に育った犬は、猫やウサギなど他のペットとの同居も上手くいきます。



子犬販売パピークラブ> 犬の多頭飼いの注意点
TOP子犬出産情報ご購入の流れ子犬のお探し・相談サイトマップ