本文へスキップ

子犬販売ブリーダー直販なら福岡『パピークラブ』

電話でのお問い合わせは092-753-7522

メールでのお問い合わせはこちら

子犬販売パピークラブ> 子犬を迎える準備

子犬を迎える準備

ロケーション

●ケージ
● 子犬用トイレとペットシーツ
● フード、飲み水、フード入れ

60日を過ぎてから揃えればよいもの
● おやつ
● 爪切り、耳掃除用ローションや
  子犬用シャンプー
● 散歩用の首輪やリード



ケージ

子犬がごく小さい頃は、サクで囲うサークルのようなケージが便利です。(天井もサクで出来ている箱形のもの)
ただし、下に水等がこぼれても大丈夫なように、プラスチックのトレーの上にサクが乗っているものが良いでしょう。
持ち運びが出来る箱式のケージ、「バリケン」と呼ばれるようなものも、安く出ていますが、小さい頃は、寝て食べて、ウンチとおしっこをして。という感じですから、
掃除の上では、オリ形式のものが楽です。
排泄の間隔が長くなって、電車等で子犬をお出かけにつれて行かれる状況になれば、取っ手付きのバリケンが役に立ちます。


トイレ

おしっこを吸い取るシートとそのトレイです。一番最初はケージの中にトイレを設置しても良いですが、寝床スペースとトイレスペースは完全に分けます。
トイレサイズと、ケージのサイズを考えないと、トイレがケージに入らない事もありますので、注意してください。
ただ、いずれは、ケージの中からトイレだけ出して、独立させることになります。
いずれにしても、犬は元来、清潔好きです。トイレと寝床は完全に分けるようにしてください。


フード

急に違うものを食べさせると、お腹を壊しますので、はじめは、ブリーダーから与えられていたフードと同じものを子犬に与えます。

●ちょっと重いフード入れ
ステンレスや陶器製がおすすめです。あまり軽いプラスチック製だと、ひっくり返します。

飲み水

特に、水は、新鮮なものがいつでも飲めるようにしておくことが必要なので、とても便利です。
なお、
ミネラルウォーターは尿道結石の原因になりますので犬の飲み水には水道水をお勧めします。

●水入れについて
小犬のときは、水をこぼしたり、足を入れてひっくり返してしまったりと大変です。
お勧めは、よく
ケージに設置されてる、ペットボトル型の給水器です。犬用が出ていますので、サイズを確認してお求めください。ペットボトルを逆さにした形状で、その先に金属の口が付いており犬がなめると少量ずつ水が出る仕組みになってます。ペットホテルでも給水器タイプの使用が多いので、成犬になっても給水器とお皿の両方を使える方が便利です。
お散歩にも便利な携帯用もあります。



お迎え後に揃えても間に合うもの

 おやつ
ジャーキーや、骨ガム。クッキーなどがあります。しばらくは、これらは与えないで、フードオンリーにしてください。おやつは、しつけるときに使うと、効力を発揮します。
ヨーグルト、バナナ、リンゴは子犬でも大丈夫です。
さつまいも、かぼちゃ、ブロッコリー、キャベツ芯、人参などはボイル後カットすれば、大好物のおやつへ変身します。

おやつも食事量としてカウントし、与え過ぎには注意しましょう。

 つめきりや、耳掃除用のローション・子犬用シャンプー
子犬には低刺激のシャンプーを選んでください。特に慣れていない方はシャンプーを、しばらく控えた方がよいでしょう。しっかりと乾かせないと、風邪をひく原因にもなります。
特に、お外に出して散歩できるようになるまでは、固く絞ったタオルで拭くくらいでも大丈夫です。

 散歩用の首輪やリード、ハーネス
ワクチンプログラム完了までに、首輪やリードを購入し、室内で慣らしておきましょう。
形状も色々ありますので、犬のサイズにあったもの、サイズを調整できるものを求めましょう。
また、可愛いお気に入りを買いたいところですが、初めの1本は軽い素材で、子犬の負担が少ないタイプがお勧めです。
おしゃれな革製品などは、硬かったり、手に馴染まなかったり、子犬被毛が切れやすかったりと様々ですから、少し慣れてから購入すると失敗が少ないです。



子犬販売パピークラブ> 子犬を迎える準備
TOP子犬出産情報ご購入の流れ子犬のお探し・相談サイトマップ